GASTROENTEROLOGY · ENDOSCOPIC INTERNAL MEDICINE消化器内科・内視鏡内科

日本消化器病学会専門医が消化器内科外来を診療させて頂きます。

消化器内科・内視鏡内科

浦安内科消化器クリニックでは、日本消化器病学会専門医が消化器内科外来を診療させて頂きます。

日常生活において消化器症状で悩まれている方は、たくさんいらっしゃいます。

消化器疾患の特徴は、1人1人、原因が異なるということと、

それに対する治療法もまったく異なるということです。

たとえば、「胃が痛い」という症状をお持ちの方は多いです。

これまで消化器内科医として、たくさんの胃痛を訴えられる患者さんと出会ってきました。

専門医としましても、『胃痛』ほど、『奥が深い症状』は少ないと思います。

『胃痛の原因』としましては、

もちろん、胃潰瘍や胃癌といった『病気』が原因のこともありますが、

胃酸が多かったり、胃に慢性炎症があったり、ピロリ菌が感染していたり、

胃酸が食道へ逆流する逆流性食道炎、胃腸の機能低下、便秘が原因で胃腸の動きが悪くなったり、

近年では、仕事や生活における『過度のストレス』による、ストレス性胃炎が原因になることも多いです。

つまり、患者さん1人1人によって、原因が異なるのです。

加えて、『胃痛』だから『胃薬』を飲めば、すべての患者さんの症状が改善するわけではなく、

それぞれの原因によって、『最良な治療』が変わってくるのです。

当院では、消化器疾患は専門分野であることから、

まずは『症状の原因』を探り、

患者さんによっては、内視鏡検査を含めた精査をした上で、
患者さん1人1人に『最良な治療』をご提供していきたいと考えております。

また、便秘をよくするだけで、消化器症状が劇的に改善することも多いです。

便秘に悩まれている方は、たくさんいらっしゃいます。

もはや習慣として、あきらめている方も多いと思います。

便秘を原因として、胃の調子が悪くなったり、胸やけや胃もたれが生じたり、
食欲低下や痔や血便、不眠や高血圧の原因にもなります。

一番怖いのは、大腸癌です。

大腸や消化器に慢性的に負担がかかることで、便秘は大腸癌の原因になりえるとされております。

便秘をよくすることで、日々の生活がより良くなることでしょう。

当院では、固くない、良い便が毎日しっかりとでることを目標にしております。

便秘は決して、はずかしい症状ではありません。

どうかお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

便秘治療にはたくさんの選択肢があります。

当院では、便に水分を含ませるやさしい便秘薬や、漢方薬を併用して自分に適した便秘治療を探していきます。

毎日、良い便が出ることを最終目標として、薬を少しずつ調整していきましょう。

浦安内科消化器クリニックでは、診察を通して原因を探り、
まずは内服薬で治療を開始して、もしも改善なければ、当院で内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を行うことができます。

病気の早期発見

医療の進歩により、早期発見することで、根治が望める時代になってきております。
胃カメラ、大腸カメラを通じて、胃がん、大腸がんの早期発見に努めます。

病気予防

ピロリ菌除菌、大腸ポリープ切除を通じて、胃がん、大腸がんを予防していきましょう。

消化器内科の主な症状

  • 胃痛
  • 胃もたれ
  • 胸やけ
  • 胃炎
  • ストレス性胃炎
  • 便潜血陽性
  • のどの閉塞感
  • 嚥下困難
  • のどのつまり
  • 下痢
  • IBS
  • 過敏性腸炎
  • 血便
  • 便秘
  • 腹痛
  • 腹部膨満感
  • お腹のはり
  • 潰瘍性大腸炎
  • IBD炎症性腸疾患
  • クローン病