便秘症 便秘をあきらめない 良い便が毎日でるように一人一人に合った便秘治療を探していきます。 浦安内科消化器クリニック


 

浦安内科消化器クリニックでは、便秘治療を大切にしております。

便秘症に対する治療の最終目標は、

 

固くなくて、下痢でもない

「『良い便』が毎日でる」ことです。

 

 

消化器内科の外来診療をしておりますと、

 

便秘が『習慣』となっていて、

 

週に2回、3回しか排便がないことが、

 

当たり前になっていて、

あきらめている患者さんが多くいらっしゃいます。。

 

しかし、

便秘を放置しておくと、、

 

消化管(口~食道~胃~十二指腸~小腸~大腸~肛門)において、

 

本来は、

毎日通過して、排出されるべき代謝物が、

途中でたまっている状態が長く続いている。

ということになりますから、

 

下流でモノがたまっていると、

上流の流れに影響するように、、、

 

胃腸の働きが悪くなったり、

胃もたれの原因や、

逆流性食道炎の原因になったり、

食欲不振の原因にもつながるのです。

 

 

実際に、

便秘が習慣となっている患者さんに対して、

 

便秘を良くすると、

 

胃の調子がよくなったり、

食欲が出てきたり、

逆流性食道炎が改善する患者さんも多くいらっしゃいます。

 

このように、

「良い便が毎日出る」

という状態を保つことがとても大切なのです。

 

なので、みなさまも、是非、

 

毎日、トイレに行った時に、

今日はどんな便だったか?

 

観察する習慣をつけましょう。

 

・黒い便 (黒色便、タール便)

→ 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性

 

・赤い便(鮮血便)

→ 大腸がん 炎症性腸疾患 大腸憩室出血などの可能性

 

普段から便を観察することで、

病気の早期発見にもつながりますし、

 

良い便を保つことは、健康や元気の良いバロメータになるのです。

 

浦安内科消化器クリニックでは、

『良い便』が毎日でることを目標に、

 

患者さんに合わせて、

一人一人に適した便秘治療を探していきます。

 

便秘治療には、

たくさんの選択肢がございますが、

一人一人に合った処方を探すことが大切です。

 

当院では、まずは、

やさしい薬から開始いたしますのでご安心ください。

 

また、

便秘症に加えて、

冷え症や生理痛がある方には、

漢方薬の方が適している場合がございます。

 

毎日をより元気に過ごすために、

便秘症をあきらめないで、

毎日良い便が出るよう、お力になりたいと思います。

 

便秘症を良くすることでより元気な生活がおくれると思います。

 

ご来院をお待ちしております。

 

 

浦安内科消化器クリニック 院長 宮崎民浩
内科 消化器内科 呼吸器内科 漢方内科 内視鏡内科 健康診断
アクロスプラザ浦安2階 無料駐車場110台完備
日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本呼吸器学会専門医
東洋医学会専門医